一人暮らしインテリアのジパング.comトップ大辞典インテリア単語・用語辞典ドレープカーテンとは

ドレープカーテン
ドレープカーテンとは

ドレープカーテンとは・・カーテン用の裂地の総称で、一般的には厚地の生地で作ったカーテンのこと。
重量感のある厚手のカーテン地の呼称として広く一般的に使われていま す。織り方は織物の三原組織である平織、斜紋織、朱子織をはじめ、いろいろの変化組織や変わり織などバラエティに富んだ織り方が使われます。厚地で密度も 高く織られたものが多いので、遮光、遮蔽は当然のこと遮熱や吸音など多くの機能を備え、その上、装飾性に富んでいます。応接間やリビングにゆったりとヒダ をとって仕立て、更にレースやケースメントと二重吊りにすることにより豪華なムードをつくりだせます。巾については100㎝、120㎝、140㎝、150 ㎝とあり、中には200㎝~300㎝のような巾の広いものもあります。
drapery curtain

その他の「と」用語

参照元:http://www.nif.or.jp/study/glossary/index.html#!word0

一人暮らしインテリアのジパング.comトップ大辞典インテリア単語・用語辞典ドレープカーテンとは