商品名から探す

カテゴリーから探す

リンク

一人暮らしのインテリア・家具の通販ジパング.com

【保存版】180cm小型コンパクトベッドの選び方まとめ

【保存版】180cm小型コンパクトベッドの選び方まとめ


【保存版】180cm小型コンパクトベッドの選び方まとめアイキャッチ
    目次
  1. 狭い一人暮らしのお部屋、少しでも快適に広々使いたい!!女性におすすめの180cmコンパクトベッド
  2. ほんとに快適?180cmベッド利用者の声
  3. 180cmベッドのメリットとデメリット
  4. 6畳・ワンルームに嬉しい180㎝コンパクトベッド家具レイアウト
  5. 6畳ワンルームがこんなにも変わる!180cmコンパクトベッドを使ったインテリアコーディネート
  6. 徹底比較180㎝コンパクトベッドの種類
  7. 180cmコンパクトベッドのマットレス・シーツ・布団カバー
  8. ジパング180cmコンパクトベッド売れ筋ランキング
  9. 180cmコンパクトベッドを使ったお客さんの声をピックアップ
  10. 今回のページで使われてた家具はこちら

狭い一人暮らしのお部屋、少しでも快適に広々使いたい!!女性におすすめの180cmコンパクトベッド

狭い一人暮らしのお部屋、少しでも快適に広々使いたい!!女性におすすめの180cmコンパクトベッド

寝心地の良いベッド、かわいいソファをおいて、毎日のメイクタイムをドレッサーで充実させたい!!
一人暮らしのインテリアの夢は広がるばかりですが、実際のお部屋は狭くてそんなの無理 ...。


特にベッドは一人暮らしの必需品。
でもとにかく場所をとるのがネックですよね。


いっそのこと布団派にしよう!
と思っても、お布団をしまう収納スペースなんてあるわけない!
万年床なんて...インテリア的に微妙だし、女子力低すぎ...。


そんな方にぜひぜひ知ってもらいたいベッドがあります!


「ベッドが場所をとって、デスクやソファを配置できない」
「狭い部屋をとにかく広く使いたい」
「あと数センチ、ベッドが小さければ置きたいところにベッドを配置できるのに...!!」


こんな悩みを解決する「魔法の-15cm」を実現するベッド。
それが、180cmコンパクトベッドです。


小柄な方にピッタリな嬉しいサイズ感で、人気沸騰中です。
ベッドのサイズでお悩みの方や、お引越しでベッドの買い替えを考えている方は必見です♪



一人暮らしの間取りの主流は1R~1K。ベッドを置いたら残りスペースはわずか...


一人暮らしの間取りの主流は1R~1K。ベッドを置いたら残りスペースはわずか...

現在、一人暮らしをしている人の大半が1R・1Kだと言われています。


1R/ワンルーム(専有面積13~20㎡):一部屋にキッチンが一緒になっているタイプの間取り
1K/(専有面積13~25㎡):一部屋+キッチンスペースが独立しているタイプの間取り


1Rや1Kのメリットはとにかく家賃が安いこと。
新入学の学生さんや、新社会人など初めての一人暮らしの方にとっては月々の家賃が安いことは大きな魅力ですよね。


しかしこのメリットの反面、収納場所が少ない、キッチンやバスルームが小さいなどデメリットも...。
浮いた家賃で洋服や小物を買おうと思っても片づける場所がない、健康や美容のために料理をがんばろうと思っても調理器具を収納するだけでも一苦労...という方が多いようです。


収納家具を部屋に置こうにも、ベッドを配置したら他に家具を置くスペースは残りわずか。
ドアやクローゼットのドアの解放スペースを考えると、家具の配置可能なスペースって意外に少ないものです。


一番場所を取るベッド。少しでもコンパクトにすることでインテリアが広がります!

ベッドを省スペースに!というと、空間が解放的に使えるローベッドやフロアベッド、幅がシングルよりも狭いセミシングル。
というのがインテリアの定説でしたが、ジパングで人気なのがベッドの「長さ」が短い、180cmコンパクトマットレスシリーズです。


これまで長さ180cmのベッドなんて見たことないし、かかとが出ちゃって窮屈じゃない?
と心配になってしまうかと思いますが、決してそんなことは無いんです!


日本人女性の平均身長

一般的に流通しているベッドマットレスの長さ(長辺)は195cm。
ジパングおすすめの180cmコンパクトマットレスはこれらよりも、15cm短いことになります。


健康診断結果の見方を紹介しているサイト:メディチェ(mediche)によると20歳以上の女性の平均身長は154.2㎝。


長さ180cmのベッドなら、身長160cmくらいの方まで窮屈さを感じずに快適に眠ることができます。
(言われないと、長さが短いベッドとはわからないくらいかもしれません)

180cmのショートサイズ、スタッフが寝てみました
上に、身長の違う女性3人が180cmマットレスに寝てみた画像がございます。

写真ではつま先が立っていますが
実際はつま先を寝かせて横になる考えてみましょう。
Cさんのように160cm台後半の方はベッドギリギリになってしまいますが、160cm台前半ぐらいまででしたら、快適に寝れそうですね。



なぜベッドの長さを変えても快適なの?

通常のベッドマットレスは195cmで固定です。
サイズの展開といえば、変わるのはベッドの「幅」でした。


ベッドの幅はセミシングルで80cm、一人暮らしの方によく選ばれるシングルサイズであれば100cm、広々眠るならセミダブルで120cm...といった具合です。
ベッドの幅が寝心地にとって重要なのは、幅が広い方が寝返りが打ちやすいから、です。


寝返りを打つことで身体の一部分にだけ体重がかかり、血液などの循環が悪くなることをさけ、暑い季節にはこもった温度や湿気を逃がして快眠を保つことができます。
寝返りのしやすさイコール睡眠の快適さというわけです。


一方、ベッドの長さが気になって眠れない...ということは、長身でかかとが出てしまうという方でないかぎりそうそうあり得ません。
身長160cmほどの女性ならばなおさらです。


部屋の広さ確保の為に、ベッドのサイズを検討するならば、快眠のためにもベッドの長さを短くするのがカシコイ選択です。


ほんとに快適?180cmベッド利用者の声

  • 錯視効果か部屋が広く見えます
    コメント:

    部屋が狭いのでサイズでこちらのベッドを選びました。
    身長155cmで、確かにベッドは小さいですが困るほどではありません。
    錯視効果か部屋が広く見えます。マットレスの堅さも丁度いいです。
    家族も寝てみたら気持ちよかったらしく、新しいベッドが欲しくなったようです。結構重いので搬入は大変だったけど買ってよかったです。


    【沖縄県 20代前半 女性 美里さんの口コミ・レビュー】
  • 男子でもいけます
    コメント:

    安いので買いました。
    サイトの案内では女子向けとありますが、僕はそんなに気にせず利用できます(167cmです)。
    まっ、人によると思うのですが男子でもいけますよ。


    【埼玉県 20代前半 男性 魔球制作記さんの口コミ・レビュー】

マイナス15cmで生まれる、広々快適な部屋作り。180cmベッド。

マイナス15cmで生まれる、広々快適な部屋作り。180cmベッド。

ベッドをコンパクトサイズにすることにより、お部屋にゆとりが生まれスペースの有効活用ができたり、今までは諦めていた場所にベッドを配置することが可能になります


このたった15㎝の違いで、一人暮らしがより豊かになること間違いなしなのです!

180cmベッドのメリットとデメリット

では、実際に180㎝ベッドを置いてみた際のメリットとデメリットを考えてみましょう。


メリットとしては次の4点が上げられます。


・省スペースでお部屋が広く見える
・小柄な女性ならこのサイズでピッタリ
・子供用ベッドとしても活躍できる 
・サイズが小さいので運び込みや模様替えも楽チン


なんといっても部屋のスペースを取らなくなることが最大のメリットではないでしょうか。
大きさが15㎝違えば、空いたスペースを思いっきり有効活用できますよね。



次はデメリットを見ていきましょう。


・身長によって使える人が限られてくる
・通常のベッドに比べると種類が少ない


男性や身長の高い女性に関しては、足がはみ出してしまう可能性があり、このサイズはオススメではありませんが、身長が160㎝前後の方ならばベッドの大きさが気になることはありません。


しかし、身長に関しては、買う前に考慮出来てしまうのであまりデメリットとは言えないかもしれませんね。
もはや、この180㎝ベッドは小柄な女性や子供の特権とも言えます。


このわずかな15㎝の違いでジパングではこれまで3000人の方に喜ばれてきました!

このわずかな15㎝の違いでジパングではこれまで3000人の方に喜ばれてきました!

実は市場にはあまり出回っていないこの180㎝ベッド。


こういったサイズのベッドは欲しい人というのが限られているため、誰もが欲しくなるようなベッドを置きたいと考えているインテリアショップでは、取り扱うことが難しいんです。


ジパングでは「もっと広々と、快適に一人暮らしを楽しみたい!」という声に応えるため、
ネット通販の強みを活かして一人暮らしにピッタリ!の180cmコンパクトベッドをお届けしています。


実際、この180㎝コンパクトベッドは、約3000人の方に支持されて、今ではジパングの人気NO.1商品です。
ご購入頂いた方の数だけ、快適な一人暮らし生活に貢献できたことが私たちの喜びです!!



6畳・ワンルームに嬉しい180㎝コンパクトベッド家具レイアウト

実際に180㎝ベッドを置いた際のレイアウト見ていきましょう♪
たった15cmの違いが、狭い6畳のワンルームでこんな効果を発揮します。


マンションアパートなどの、6畳の平均的な縦横の長さは352×264cm(江戸間の場合)です。


この6畳の部屋に、通常のマットレスとコンパクトマットレスを置いた図がこちらです。


通常のマットレスとコンパクトマットレスの比較

左が通常のレギュラーサイズベッドを置いた際のレイアウト。
右がコンパクトベッドを置いた際のレイアウトです。


縦長の部屋に合わせてベッドを縦長に配置すると、残りの部屋の長さが通常113cm⇒コンパクト128㎝となります。


残りのスペースにソファを置こうと思うと、113cmでは一人掛けを置くのが精いっぱいで、128cmあれば2人掛けを選ぶことができます。


また、113mの幅では100cmのデスクなら置けますが、パソコンと教科書・ノートを広げてしっかり勉強したいなら、120cm幅のデスクが必要です。


コンパクトベッドならばベッド・120cmデスク両方を部屋に配置できるんです。
たった15cmの差ですが、実際の残りスペースを割り出すと、置ける家具やお部屋でしたい事を叶えるのに選択肢が広いことがわかります。


まさに、マイナス15cmの魔法です♪


女子部屋!180cmベッドを使った家具配置レイアウトをピックアップ

女子部屋!180cmベッドを使った家具配置レイアウトをピックアップ

たった15cmの差で、部屋の活用の幅、選べる家具の幅が変わることがおわかり頂けたでしょうか?


ここからはコンパクトベッドの魅力をどしどしご紹介していきます。
180cmコンパクトベッドで節約できた15cmで、どんな家具を配置して、どんな生活を送りたいですか^ ^?


通常のベッドがある部屋なら諦めていた少し大きめの二人掛けソファや、ローテーブル、ハンガーラック、コーナー型のおしゃれなテレビボードだって置けちゃうんです。
くつろぎスペースが増えるから、お友達を招いてワイワイするのもアリですよね♪


ベッド+ワークスペース家具レイアウト

ベッドプラスワークスペース家具レイアウト

また、余裕が出たお部屋はワークスペースとしての活用もできます。


例えば、一人暮らし部屋だとスペース確保が難しく、置くのを諦めがちなドレッサー。
部屋にある全身鏡や洗面台などで毎日化粧や準備をしている女性も多いのではないでしょうか。


180㎝コンパクトベッドなら空いたスペースにドレッサーを置くことが可能になります♪


ドレッサーは置くだけで女子力をアップさせるアイテムです。
また、デスクと兼用できるようなものを選べば化粧もできて、デスクワークをする際にも使える...
まさに一石二鳥なのです。


ソファを置いて、女子会だってできちゃう

ソファを置いて、女子会だってできちゃう

少し広めなスペースができたら、そこにソファと可愛らしい木目調のローテーブルを置いて、女子会をするのもいいですよね。
部屋をお洒落に見せたいなら、もちろん床にふかふかのラグを忘れてはいけません。


コーナーにテレビを置いて、ソファでのんびりスイーツを食べながら話題の映画を見るのもGOOD!


あなたらしいお部屋を作って、楽しい女子会を開催しましょう♪