商品名から探す

カテゴリーから探す

リンク

一人暮らしのインテリア・家具の通販ジパング.com

ローベッドとは?低いことのメリット・デメリットとおすすめ商品8選!

ベッドフレームといっても沢山種類がありますが、今回ご紹介させて頂くのは"ローベッド"です。
ローベッドのメリットデメリット、ローベッドの選び方について徹底解説していきます。

ローベッドの購入を検討中の方は是非参考にしてください。

ローベッドとは?

ローベッドとは?


ローベッドとは、背が低いタイプのベッドの事です。膝くらいまでの高さしかありません。
低いタイプで完全に床に付いてるものは、フロアベッドとも言います。

ローベッドのメリット


ローベッドのメリットですが、次のような点があげられます。
  • 部屋が広く見える
  • 2台並べる場合は、さらに圧迫感を抑えられる
  • オシャレなデザインが多い
  • 落ちた時に危険ではない・子供と一緒に寝る時に安全
  • 布団派の人がベッドに切り替えるハードルが高く無い

部屋が広く見える

Before
Before
After
After


ベッドの背が低い事によって、上に空間が生まれて壁が見えやすくなります。
そのため、空間が広くなり部屋が広く見えやすくなります。

寝た時に天井が遠くなるのも圧迫感がなくて寝やすいという声もあります。
また、ロフトにベッドを置く場合は、天井が低いのでローベッドを採用した方が良いでしょう。

2台並べる場合は、さらに圧迫感を抑えられる

2台並べる場合は、さらに圧迫感を抑えられる


夫婦で寝る場合、子供と寝る場合は、2台並べるという場合もあります。
2台並べたら、シングル2つで幅が200㎝。ダブルとシングルを並べようものなら、幅は240㎝。

そんな時もローベッドなら、圧迫感を抑えられます。

オシャレなデザインが多い

オシャレなデザインが多い


デザインに無駄がないので、スタイリッシュなデザインのベッドが多いです。
収納ベッドなど大きなベッドはどうしても寸胴になってしまいがちです。
ローベッドというだけでもシンプルでオシャレにみえます。
また、和室を寝室にする場合も、ローベッドは馴染みやすいです。

落ちた時に危険ではない・子供と一緒に寝る時に安全


背が低いので落ちた時の心配がありません。
小さいお子さんと一緒に寝るという事であれば、ローベッドをオススメします。

布団派の人がベッドに切り替えるハードルが高く無い

Before
Before
After
After


今まで布団派だったけれど、衛生面や、腰痛の事を考えてベッドに切り替えたい。
でもちゃんと眠れるか心配だ、という方は、まずはローベッドにしてみましょう。
布団とさほど変わらない高さなので安心してベッドデビューできると思います。

布団だとクッション性が低く腰を悪くしやすいですし、衛生面も良くないです。
また、写真のように見た目も良くなりますので、ローベッドをおすすめします。

ローベッドのデメリット

ローベッドのデメリットは、以下の点があげられます。

  • 立ち座りが大変
  • 収納場所が無い
  • 掃除が手間
  • 通気性が悪いタイプもある
  • フロアベッドはマットレスのサイズ要確認

立ち座りが大変


ベッドの利点の立ち座りが楽という点がなくなります。
足腰が弱い方にはおすすめしません。


収納場所が無い

収納場所が無い


ベッドの下にスペースがあって大きな物を収納できたり、
ものによってはベッドに収納がついていたりしますが、ローベッドは下にほとんどスペースや収納がありません。
クローゼットや押入れが無いタイプの部屋にはおすすめしません。


掃除が手間


床にペタっとついているタイプのフロアベッドでも、傷防止の為に数ミリの隙間が空いており、そこに埃がたまります。 掃除する際にはベッドを移動させなければなりません。


通気性が悪いタイプもある


普通のローベッドは問題ありませんが、フロアベッドは通気性が悪くなります。
一晩で人はコップ杯分の汗をかくと言われておりますので、通気性は大事です。
除湿シートなどで対策をしましょう。


フロアベッドはマットレスのサイズ要確認

フロアベッドはマットレスのサイズ要確認


フロアベッドは、フレームの枠にマットレスをはめ込む仕様になっておりますので、
同じSサイズだからマットレスはSを選べばいい!とすぐに購入せず、サイズは必ず確認しましょう。
不安であれば、ベッドフレームとマットレスがセットになってお得になっている商品もございますので、
そちらを選んで頂ければ安心です。


ローベッドの選び方


お部屋に合わせたローベッドの選び方を写真を元にご紹介致します。


屋根裏やロフトなど狭い空間を寝室にする



このように、狭い空間を寝室にする場合はローベッドがオススメです。
背が低いベッドにすれば天井の低さも気になりませんし、ベッドを置くだけで狭苦しくなる事はありません。

写真の部屋のようなナチュラルな床には、ナチュラルな木目のローベッドを選びましょう。


ご紹介アイテムはこちら

SKYline 2nd商品一覧   
SKYline 2nd商品一覧

かっこいいけど落ち着くローベッド

  

ヘッドボードがおしゃれなローベッド


ヘッドボードがおしゃれなローベッド。ベッドフレームはもちろん、寝具のセンスが抜群です。
アジアンテイストにこのヘッドボードがマッチしています。


ご紹介アイテムはこちら

Elfom商品一覧   
Elfom商品一覧

好きな所に棚を作れる

  

犬とご主人がラブラブになれるローベッド


ローベッドの利点として犬も登りやすいという所があります。
ベッドに登れるように犬用の階段を作る人がいますがローベッドだと必要ありませんね。
毎日犬と一緒に寝るよ~!とか、寝てる時に猫が遊びに来てほしい~!という人には、
ローベッドとてもオススメです。


ご紹介アイテムはこちら

DYLAN商品一覧   
DYLAN商品一覧

ベッド 木製 北欧風 宮棚 コンセント引き出し 収納付き

  

和室にローベッド


和室におすすめなのはローベッドです。
布団ではなくローベッドを置くことによって和洋折衷な雰囲気を作り出す事ができます。
まるで旅館にきたような演出ができる上級テクニックです。


ローベッドの人気ランキング!BEST 5

1位 フロアベッド Aliyah アリーヤ
フロアベッド Aliyah アリーヤ セミシングル

ありそうでなかったコンパクトなローベッド。
幅85×長さ195×高さ44.5cm
¥27,498+tax

コンセント付きフロアベッド【カエルム-CAELUM-(シングル)】
コンセント付きフロアベッド【カエルム-CAELUM-(シングル)】

ベッド 木製 北欧風 宮棚 コンセント付き
幅122cmx奥219.8cmx高さ55cm
¥27,092+tax

ヘッドボードレスフロアベッド【Rainette】
ヘッドボードレスフロアベッド【Rainette】

室内に開放感をプラスするフロアタイプ
幅105×長さ200×高さ11cm
¥13,999+tax

コンセント付きフロアベッド【カエルム-CAELUM-(ダブル)】
コンセント付きフロアベッド【カエルム-CAELUM-(ダブル)】

ベッド 木製 北欧風 宮棚 コンセント付き
(約)幅162cmx奥219.8cmx高さ55cm
¥31,253+tax

Lonnie【ロニー】宮付きフロアベッド マットレスセット シングル
Lonnie【ロニー】宮付きフロアベッド マットレスセット シングル

スタイリッシュなデザインのフロアベッド
幅103×長さ213×高さ45cm
¥24,824+tax

まとめ


ローベッドの魅力を感じて頂けましたでしょうか。
ローベッドのデザインはおしゃれな物が多く、部屋に置いただけでセンスのあるお部屋が完成するのが良いですよね。


関連記事

総合ランキング
ベッドのランキング
寝具のランキング
ソファのランキング
こたつのランキング
テーブルのランキング
テレビ台のランキング
ダイニングのランキング
デスクのランキング
チェアのランキング
収納のランキング
キッチン収納のランキング
カーテンのランキング
ラグ・カーペットのランキング
家電のランキング
照明のランキング
ガーデン・アウトドアのランキング
ベビー&キッズ用品のランキング
ペット家具のランキング