商品名から探す

カテゴリーから探す

リンク

一人暮らしのインテリア・家具の通販ジパング.com

すぐ改善できる!手取り15万で一人暮らしをする7つの方法

あなたは一人暮らしを始めてから、一度は生活費がギリギリになったのではないだろうか。この僕も多くの給料を綺麗な女性と仲良くなるために費やしてきた。

その結果、若い頃は給料日までの数日間、苦労したものだった。残念ながら何かとお金が掛かる一人暮らしの中で、15万円でやっていけないか考えたことがある。


頭脳と若かりし頃の経験をもとに生み出した、手取り15万円でやっていく方法をお伝えしよう。


 

すぐ改善できる!手取り15万で一人暮らしをする7つの方法


1.電気代の基本契約内容を変更する


電力自由化に伴い、大手電力会社だけではなく、多くの企業が電力の販売元となり、電気代を下げる価格競争が始まっている。


ここで知っておきたいことが2つある。1つが電力会社を変えること。もう1つが、アンペア数の見直しをすることだ。会社にもよるが、20アンペアと60アンペアでは月々の基本料金が1,000円前後違う。


これはすぐに見直して、月々の光熱費を3,000円までに抑えよう。電気代の節約にはやはり照明にも気をつける必要がある。このタイプのように、明るさ調整ができる照明を選び節約に励むことだ。



2.一人暮らしで掛かる家賃を今のところより1万円下げる


電気代の基本契約以外にも出費を見直す必要がある。代表例が家賃だ。最寄り駅から徒歩10分から徒歩15分圏内に、2階から1階に住居を変えるだけでも簡単に1万円ほど下がる。


まず一番の出費になる毎月の家賃を抑えることが重要だ。そこで、月7万円の家賃を6万円に下げよう。


可能であればインターネット接続を無料で使えるアパートを探すことだ。インターネット接続を自分で契約しなければならない物件の場合、交際費から6,000円を引かれることになる。


3.月15万が上限であることを意識して、スマホを格安スマホに変える


ブームに火がついた格安スマホも、ある程度当たり前の時代になってきた。これは、大手携帯電話会社3社のキャリアの回線をレンタルして、運営できるようになったことがキッカケである。


手厚いサービスはなくなるが、スマホをストレスなく使える状態で、費用を極端に抑えることができる。端末代を合わせて毎月1万円前後払っている状況から毎月2,500円で収まる格安スマホに変えよう。


4.ガス・水道代は節約気味に使うこと


ガス代や電気代は、住んでいる家の状況で変わる。今回はガスでお風呂を沸かす家で、IHではなくガスコンロを使っていると考えよう。


まず冬場ではお湯を沸かす回数が増える。そうなることでガス代の出費が増える。そこで、お風呂につかること、煮物料理などでガスを使い続けることを控えよう。


また、水道に関してもそうだ。水の流しっぱなしや洗濯機の回す回数を抑えて、手洗いなどの節水を意識すると良い。その結果、ガス代は4,000円、水道代は3,000円に抑えることができるだろう。


5.手取り15万円で暮らすには食費を3万円で抑えよう


1日平均1,000円で暮らすことになる。考えてみてくれ、意外になんとかなる金額ではないだろうか。 自炊をすれば1食300円で収まる。また1日2食にして外食でも1食500円は使えることになる。


飲料代は次で説明するのでここには含んでいない。そのように考えると、食費は抑えられることが理解できただろう。自炊が重要なため、このようなキッチン収納を置き、調理をする楽しみを覚えながら実践することだ。


キッチンスペースラック 伸縮タイプ SPR-EX
キッチンスペースラック 伸縮タイプ SPR-EX

伸縮タイプ!家電や小物をまとめて収納


6.手取りが少ないなら飲料代も少なくしよう


手取り15万円でやっていきたい場合、飲料代は月7,500円までにしよう。そうすると1日250円までとなる。


ここで覚えてほしいのが、「缶ジュースやペットボトルは自販機では購入してはいけない」ということだ。スーパーで安い飲料水を購入し、水筒に入れて持ち運ぶ努力をしよう。


この習慣が付けば月7,500円で収まるのだ。飲料水が安い時は買い溜めをして、このような収納に入れて保管しよう。家具がオシャレだと買い溜めする楽しみにもなるはずだ。


折りたたみワゴン RW-1026
折りたたみワゴン RW-1026

折り畳めてとっても便利!


7.一人暮らしは特にお金が掛からないので、交際費・雑費を2万4,000円にしよう


まず、あなたの賃貸アパートにインターネット回線がないとしよう。その時の交際費・雑費は、2万4,000円までになる。雑費次第だが、デートも行ける。


もしくは飲み会を優先することもできるだろう。付き合いで飲み会に行かなければならない時や思ってもいなかった出費などがあるので、遊ぶ費用はないと考えてほしい。


ここまでを足すと合計14万円である。上手くいけば14万円というだけなので、1万円の余剰金は残しておこう。

このように考えてみると、一人暮らしをしていても手取り15万円でやっていける方法があることが分かる。この方法を駆使して、手取り20万の方は貯金をすることもできる。

あるいは、モテるために車や家具を買うための努力をするのも良い。手取り15万円でも一人暮らしができることが、夢ではないことを理解してもらえれば幸いだ。

もう一記事いかが?上手に出費を抑えるコツをご紹介!記事はこちら


たったこれだけ!一人暮らしの生活費を3万円節約できる5つのテクニック

具体的な節約術をご紹介。まずはできることからやっていこう。


孤軍奮闘の節約術を盗もう!一人暮らし節約ブログまとめ5選!

節約が難しければ先人の知恵を借りるべし!


【保存版】狭い部屋をカッコよくする!一人暮らし家具配置まとめ

安いけど狭い!そんな部屋でもアイデア次第で広く快適な空間になる。


念願の一人暮らし!節約しても部屋をいい感じに!

節約生活でもオシャレはできる!そのポイントをご紹介!


総合ランキング
ベッドのランキング
寝具のランキング
ソファのランキング
こたつのランキング
テーブルのランキング
テレビ台のランキング
ダイニングのランキング
デスクのランキング
チェアのランキング
収納のランキング
キッチン収納のランキング
カーテンのランキング
ラグ・カーペットのランキング
家電のランキング
照明のランキング
ガーデン・アウトドアのランキング
ベビー&キッズ用品のランキング
ペット家具のランキング