商品名から探す

カテゴリーから探す

リンク

一人暮らしのインテリア・家具の通販ジパング.com

【冬の電気代を抑える方法】窓からの冷気の対策

窓からの冷気の対策

私は冬の朝いつも冷気をすぐ近くに感じる。

私のベッドの隣には窓がある。
そこから冷気が入り込んで来ているようだ。

私自身も目は覚めているけれど、窓からの冷気が寒くて布団から出たくないという感じで朝を過ごしている。
ただ朝は時間が無いので、いつまでも布団に入っている訳にはいかない。

そんな窓からの冷気の対策について考えていきたい。

冷気を感じる原因

窓は壁などに比べるととても薄い。
その為、壁などに設けられている断熱機能がない。

断熱機能が設けられていないことから部屋の温かい空気が窓から外に流れ、
逆に外の冷たい空気が窓から流れ込んでいるようだ。

窓からの冷気対策

窓から冷気を 感じる原因は窓から空気が逃げているということなので、
窓から空気が逃げにくいようにすれば冷気への対策になる。

緩衝材、断熱シートを窓に貼る

緩衝材、断熱シートを窓に貼る

緩衝材や断熱シートは安価に簡単に入手することができる。
窓に貼る作業も一人できるので、簡単に冷気対策を行うことができる。

しかし窓に緩衝材などを貼ってしまうと、見た目があまりよくない。
一時的なら我慢できるかもしれないが、冬にの期間ずっと貼られているのはなんだか嫌に感じる。

見た目を悪くせずに冷気対策を行いたい。

窓を二重にする

窓を二重にすることで空気を逃げにくくする。

二重の窓であれば見た目はただ窓があるだけなので、緩衝材などのように見た目を壊す心配もない。

しかし窓を二重にすることは費用や手間がかかる。
緩衝材のように簡単にできる事ではない。

費用と手間を掛けずに対策を行えたら理想的だ。

カーテン選び

保温性の高いカーテンを使って窓からの冷気を抑えることができる。

冬は保温性のを持ちながら、夏には涼しくしてくれる効果を持ったカーテンもある。
1年間活躍してくれると思うととても買いやすい。

カーテンであれば部屋のインテリアとすることもできる。
緩衝材や断熱シートのように部屋の見た目を壊さすことなく、冷気の対策を行うことができる。

また設置の費用や手間もあまりかからないので、窓を二重にするよりも簡単に冷気の対策を行う事ができる。

カーテン選びであれば緩衝材や二重窓の問題をクリアして対策をおこなうことができる。

おすすめカーテンの紹介

ご紹介アイテムはこちら

防炎遮光1級カーテン ベージュ 約幅200×丈185cm 1枚   
防炎遮光1級カーテン ベージュ 約幅200×丈185cm 1枚

おしゃれで多機能なカーテンです。

  
スーパーミラーレースカーテン 100×183 2枚入り ホワイト   
スーパーミラーレースカーテン 100×183 2枚入り ホワイト

高いUVカット率、遮熱率、断熱、保温効果、遮像効果をもち、防炎・省エネ効果も備えています

  

まとめ

断熱機能を持ったカーテンを使って簡単に費用を掛けずに冷気対策をしましょう。

総合ランキング
ベッドのランキング
寝具のランキング
ソファのランキング
こたつのランキング
テーブルのランキング
テレビ台のランキング
ダイニングのランキング
デスクのランキング
チェアのランキング
収納のランキング
キッチン収納のランキング
カーテンのランキング
ラグ・カーペットのランキング
家電のランキング
照明のランキング
ガーデン・アウトドアのランキング
ベビー&キッズ用品のランキング
ペット家具のランキング