商品名から探す

カテゴリーから探す

リンク

一人暮らしのインテリア・家具の通販ジパング.com

仕事帰りで癒される!最高の一人暮らし1Kインテリア

自宅に帰ったら、ゆっくりと癒されたいと思うのは当然のことだ。
では、どんな部屋なら最高に癒され、リラックスできる部屋になるのだろうか。


ここでは、一人暮らし1Kの部屋のメリットや
インテリアについて詳しく紹介していこう。

 

1Kとはどんな間取りのことを指すのか?

まずは1kがワンルームや1dkの間取りとどう違うのかを把握

1Kとはどんな間取りのことなのだろうか。
図を見てほしいのだが、キッチン+一部屋という作りの間取りのことだ。


部屋とキッチンが仕切られているのが特徴で、
仕切りがない部屋だと「1R」と言う間取りに変わる。


一人暮らしなら1Kで十分だという人も多いだろう。
キッチンがあるので自炊をする気になれば出来るのが嬉しいところだ。

1.1Kの部屋に住むメリットとは?

1Kの間取りのメリットは、
部屋とキッチンの仕切りがついているということだろう。


仕切りが付いていないと、キッチンのにおいなどが駄々漏れなのである。
仕切りがあるだけでキッチンのにおいの悩みは
解消することができるのでおすすめだ。


また、冷蔵庫の音が気になると言うことも少なくなる。
静かでなければ寝ることができないという人はぜひ1kを選んでほしいものだ。


2.1Kの間取りにするデメリットは部屋とキッチンの温度差

1Kの間取りのデメリットは、部屋とキッチンの温度差だと言える。


適温に保つのは、一般的に部屋の方だけだと思う。
なので、部屋から一歩出れば、夏は暑く冬は寒いキッチンが待っている...。


このデメリットをそこまで気にしないという人なら、
1Kでも快適に生活することができるのではないだろうか。


3.お洒落で個性的に!でも大人らしさを目指すならレトロ風家具がおすすめ

1Kの部屋をお洒落で大人っぽく、
でも自分らしさも出したいと考えているなら、レトロ風家具をおすすめする。
レトロ風家具なら設置するだけで簡単にお洒落な部屋になるだろう。


また、なんともいえない渋さが出て大人っぽくまとめることができる。
テーブルやソファなど大きめのものをレトロ家具にすると
一気にそれらしく仕上げることができるので試してみてはどうだろうか。


4.1Kの部屋をお洒落に感じさせるには統一感を出すことが大切!

1Kの部屋をお洒落に感じさせることが出来ないと悩んでいる人はいないだろうか。
お洒落に見せるコツは、統一感を出すことだ。


どのテイストにするのかを決めるだけではなく、
色や1つひとつのインテリアの雰囲気も合わせることで
グッとお洒落な部屋になるだろう。


5.1Kにオススメ!シンプルで過ごしやすいお部屋コーディネート

仕事で疲れた体を癒してくれる安らぎコーディネート

シンプルに、安らげる部屋にしたいという人に
おすすめのコーディネートを紹介していこう。


1Kは、キッチンが別についていると言っても
そんなに広い訳ではないことが多い。


インテリアや家具を最小限にまとめると、
このようなすっきりとしたお洒落で過ごしやすい部屋になるだろう。

また、窓際のインテリアについて

「明るさ」を大切にした日本の住宅は、
海外の住宅に比べて窓が多く、大きいのが特徴的だ。
だから、窓の装飾(ウィンドウトリートメント)は実はとても重要だ。
ふだんは使っていることをあまり意識することがないカーテンだが、
室内の温度を保ったり、日光を遮ったり、
セキュリティを高めるといった面においても、
暮らしのなかでなくてはならない存在である。




6.1Kでもゆったり出来る!?北欧家具をうまく使ったお部屋コーディネート

北欧家具を取り入れたコーディネートテクニック

雰囲気のある部屋にしようと考えているなら、北欧家具を使った部屋がおすすめだ。


優しい雰囲気を醸し出してくれるし、
北欧家具は流行に左右されないデザインのものが多い。
いつまでも魅力的でお洒落な部屋でいられるだろう。




7.ベッドもローベッドなら1Kでも広く感じて快適!

センスの良さが感じられる男部屋の一人暮らしコーディネート

お世辞にも広い部屋だとは言えないような1Kに住んでいるなら、
ベッドをローベッドにしてみるといい。
そうすることで、広さを感じられる部屋にすることができるだろう。


ここで紹介している部屋も、
決して広くはないのに圧迫感を感じさせない
快適な部屋に見えるのではないだろうか。




まとめ

1Kの間取りやメリット・デメリットなどを紹介してみたが、
どんなものなのか分かっただろうか。


部屋のコーディネートの写真でも分かるように、
1Kの部屋にはシンプルなインテリアがよく似合う。


また、1Kでも過ごしやすい部屋にすることは十分可能で、
インテリアや間取りの使い方次第では仕事から帰ったときに
ゆったりとリラックスできる部屋にすることもできるだろう。

もう一記事いかが?一人暮らしの男部屋。おしゃれに決めよう!記事はこちら


1K・9畳で男前部屋!自慢できるインテリアコーデ術7選

広めの部屋に暖かさを!


必見!6畳の部屋でもカッコいい部屋コーディネート10選!

6畳を最大限に生かすには?記事はこちら


1Kを広く見せる!実例コーディネート10選

1Kのための鉄則!おしゃれに暮らそう


デットスペースをいかす!7畳一人暮らしのオススメインテリア10選

無駄になっている空間ありませんか?有効活用しておしゃれな部屋を作ろう!


総合ランキング
ベッドのランキング
寝具のランキング
ソファのランキング
こたつのランキング
テーブルのランキング
テレビ台のランキング
ダイニングのランキング
デスクのランキング
チェアのランキング
収納のランキング
キッチン収納のランキング
カーテンのランキング
ラグ・カーペットのランキング
家電のランキング
照明のランキング
ガーデン・アウトドアのランキング
ベビー&キッズ用品のランキング
ペット家具のランキング