商品名から探す

カテゴリーから探す

リンク

一人暮らしのインテリア・家具の通販ジパング.com

30歳男性の一人暮らし転勤族は平均どのくらい初期費用かけている?

転勤族と言えば会社都合の転居のため、引っ越しや荷造りの費用は、会社が出してくれることが多いだろう。
では、転勤の際の初期費用はかからないのだろうか。
転勤族だからと諦めて質素に暮らすのなら初期費用は0だろう。


しかし、それなりの収入がある30代にとって、殺風景な部屋では味気ない。
スタイリッシュな部屋にするため、インテリアにこだわる30代は初期費用として平均10~15万円はかけているだろう。


では、その初期費用の使い道を紹介しよう。

 

一人暮らしは初期費用を抑えることばかり考えてはいけない

転勤族が持つ共通の悩みは、『いずれまた転居しなければならい』という点だろう。
次の引っ越しを想定して、自分の荷物をコンパクトにしてはいないだろうか?
一人暮らしだから、布団とテレビだけあればそれでいい。


本当にそうだろうか?


寝るだけの部屋なんてナンセンスだ。
見ず知らずの土地で、心からくつろげるのは自分の部屋だけなのだ。


転居時の初期費用として、自分の部屋でくつろげるアイテムを手に入れるのはどうだろうか。
それだけで毎日の過ごし方や気分も変わってくるだろう。


しかし、注意してほしいのは、次にどんな部屋に転居するか予想ができないことだ。
大きなすぎる家具は邪魔になるどころか、次の転居先に入らない恐れがある。
そのため、ある程度コンパクトでくつろげるアイテムを探す必要がある。

このソファは、全長が140㎝とコンパクトでありながら、肘の部分は5段階のリクライニングになっているため、
両方をフラットの状態まで倒すと全長は195cmにもなる。
男性でも十分に横になれるサイズだ。
背もたれも5段階で角度が変えられるため、ゆっくりとくつろげる角度を探してみるのも悪くない。

ご紹介アイテムはこちら

カウチソファ バタフライ
カウチソファ バタフライ

部屋ではまったり過ごすと決めてる人のためのソファ♪32,398円(税込)


一人暮らしの殺風景な部屋にアクセントを

転勤族の男の一人暮らし。さぞかし殺風景な部屋だろう。
ここで、天井を見上げてみてほしい。何色の蛍光灯が灯っているだろうか?
一般的に多いのは白っぽい光の昼白色だと思う。
読書や自己啓発のための勉強などは、白い光の下で行うと集中力が増すため効率がいい。


しかし、くつろぎタイムという意味では、あまりよろしくない。
寝る前の安らぎの時間やリラックスしたい時には、暖かみを感じる電球色を選んでほしい。


そこで、初期費用で用意してほしいのが間接照明だ。


この照明は高さがあるため、部屋全体に暖かい光が行きわたる。
ウエーブした本体は、単調の光ではなく、強弱をつけてくれるので実に幻想的だ。
どんなに古くてくすんでいる部屋でも、間接照明一つでここまで変わるということを実感できるだろう。
一人暮らしの初期費用を抑えたい気持ちもわかるが、部屋の選択肢が少ない転勤族なら持っていてほしいアイテムの一つだ。

ご紹介アイテムはこちら

間接照明フロアライト「WAVIE(ウェービー)」
間接照明フロアライト「WAVIE(ウェービー)」

業界騒然!15000本を出荷を誇る伝説の商品!ついに登場!!19,438円(税込)


初期費用に余裕があるなら選んでほしい、一人暮らしの必需品

なくても困らないが、初期費用に余裕があるならテーブルをチョイスしてほしい。
気軽な転勤族の一人暮らし、テーブルなんかなくても問題ないと考えているかもしれない。


しかし、突然の来客の可能性を忘れてはいけない。
それが女性ならなおさらこだわりを持って選ぶべきだ。


では、どのようなテーブルがいいのだろうか。


このローテーブルはワイルドな天然木と無骨なスチールの組み合わせが、絶妙なヴィンテージ感を出している。 ラグを敷いてもいいが、フローリングの上に無造作に置くのもアリだ。


ここで注意してほしいのは、ガラステーブルよりも木のテーブルを選んでほしいということだ。 一見、ガラス製の方がおしゃれに見えるかもしれない。 毎日テーブルを拭くような清潔感のある男ならまだしも、そうでないならガラス面が汚れで濁り、コップの跡もつくだろう。 ケアが手軽という意味でも木のテーブルを選んでほしいと考える。

ご紹介アイテムはこちら

セレノ【Sereno】 リビング家具シリーズ
セレノ【Sereno】 リビング家具シリーズ

北欧レトロな暮らし【価格1】 7,558円~(税込)


一人暮らしを快適にするパートナーとしての家具

転勤族には新しい生活が始められるという利点がある反面、度重なる転居によりいろいろな面で妥協してしまうこともあるだろう。
しかし、くつろぎのアイテムを持つことで、家に帰るのが楽しみになるばかりでなく、リラックスして過ごすことができる。


ここで紹介したアイテムはどれもコンパクトで転居先へ持っていきやすいものばかりだ。
ある程度初期費用をかけて、転勤生活を快適にするパートナーとしての家具を選んでみてはどうだろうか。




もう一記事いかが?一人暮らしを謳歌したい30代男性のための記事はこちら

一人暮らしを健康的なものにするコツ3選!

健康的な生活を送るためにもまずは3つのコツを掴もう!


念願の一人暮らし!家事が捗る便利家具まとめ!

いざ一人暮らし!大事なのは生活感!


こんなことあったの!?初めての一人暮らしで困ったこと3選

初めてで困らない為にも、部屋のスぺースを意識した家具を選ぼう。


一人暮らしの部屋にぴったり!料理を美味しく見せることができるインテリアの選び方

様々なインテリアの選び方を意識しよう。



総合ランキング
ベッドのランキング
寝具のランキング
ソファのランキング
こたつのランキング
テーブルのランキング
テレビ台のランキング
ダイニングのランキング
デスクのランキング
チェアのランキング
収納のランキング
キッチン収納のランキング
カーテンのランキング
ラグ・カーペットのランキング
家電のランキング
照明のランキング
ガーデン・アウトドアのランキング
ベビー&キッズ用品のランキング
ペット家具のランキング