商品名から探す

カテゴリーから探す

リンク

一人暮らしのインテリア・家具の通販ジパング.com

30歳一人暮らし男性のベッドは何を選ぶべき?セミダブル?ダブル?

一人暮らしの必需品であるベッド。


日本人なら布団を敷いて寝るのもいいが、
一気に生活感が漂う部屋になってしまうだろう。
スタイリッシュな部屋を演出するためには、寝るスペースにもこだわってほしい。


では、どんなベッドを選ぶべきだろうか。
一人で寝るのだからシングルでいい?
そんな安易な考えでは、気になる女性も遠ざかってしまうだろう。

 

ベッドのサイズは誰が寝るかではなく、どんな部屋にしたいかで選ぶ

日本人の平均身長を知っているだろうか?


30代男性で171.92cmだ。
意外と小さいと感じたかもしれない。
ちなみに平均体重は64.48kgだそうだ。


日本人の平均的な体型から言えばシングルベッドで十分であろう。
しかし、ベッドのサイズを選ぶ時に誰が寝るかは重要ではない。


自分が横になった時の広さばかりに気を取られるのではなく、
どんな部屋にしたいかで選ぶべきだ。

ベッドのサイズ選びに要点を抑えたポイントを7つ紹介しよう。


1.部屋の広さを確認する


どんなに真剣にベッドを選んでも、実際に部屋に入らなければ意味がない。
まずは置く場所のサイズ確認をしてほしい。


ここで気を付けて欲しいのが、
ベッドがどれだけ部屋を占拠するのかということだ。


大きい方が良いからとキングベッドを買っても、
部屋がベッドで埋まってしまうのなら意味がないのだ。


サイズの名称と、実際の大きさの比較を以下に記載しておく。
下記を参照にベッドのサイズを選んでいただきたいと思う。

ベッドのサイズの詳細一覧

サイズ 横幅 長さ
セミシングル
80~90cm
200~230cm
シングル
97~110cm
200~230cm
セミダブル
120~130cm
200~230cm
ダブル
140~160cm
200~230cm
クイーン
160~180cm
200~230cm
キング
180~220cm
200~230cm

サイズに知ることにより
自身が理想としてたサイズがどのサイズなのかがわかるだろう。


また、ベッドの機能を最大限活かす為に、
ベッドの配置について以下に気を付けてほしい。

・ベッドが開閉部(ドアやクローゼットなど)をふさぐ
・部屋の動線を乱す
・ベッドを置いた残りのスペースが使いづらい


上記2点に注意することのよりすっきりとした部屋になり、
快適に睡眠がとれるだろう。

2.ベッドの機能を考える


もし、ギリギリのところで悩んでいるのなら、
大きさを優先して機能性のあるベッドを選ぶのもいいかもしれない。


収納付きのベッドならチェストを置く必要もなく、部屋自体が広くなるのだ。
例えばこのベッド、高級感と機能性を併せ持つ秀逸なベッドだ。


宮、照明付きチェストベッド【ローズン-ROSEN-(シングル)】
宮、照明付きチェストベッド【ローズン-ROSEN-(シングル)】

ベッド 木製 北欧風 宮棚 コンセント引き出し 収納付き


3.自分の体型を見極める


ここでやっと自分の体型について考えてみよう。
始めに述べた平均的な体型と比較して自身の体はどうだろうか?


体が大きく、平均的な体型とあまりにかけ離れているようなら、
ダブルベッドを選んだ方がいいだろう。
逆に小さくて細いようならセミダブルでも十分かもしれない。

4.見栄を張る


想像してみてほしい。


寝返りをすれば落ちてしまいそうなシングルベッドに寝る姿と、
広々としたダブルベッドを独り占めして寝る姿。
どちらが優雅に見えるだろうか。


もちろん、女性が部屋に来た時もベッドを見て同様のことを感じるはずだ。
ベッドの大きさで見栄を張るのもアリだろう。
欲を言えば空間を贅沢に使うローベッドをおすすめしたい。



5.将来を見据える


将来を見据える

今は一人暮らしだが、もしかしたら彼女が泊まるかもしれない、
さらには同棲?その先には結婚?
などと幸せな妄想は尽きることがないだろう。


そんな幸せな日々に必要なベッドは、シングルベッドではない。
最低でもセミダブル、できればダブルベッドがあれば、
幸せな日々が過ごせるであろう。


シングルベッドで身を寄せ合って寝るなどという憧れは、
30代にはふさわしくないので注意してほしい。


彼女と同棲する時に買い替えるよりも、
すでに準備しておく方がスマートだろう。


6.悩んだ時には思い切ることも大切


サイズは決まっただろうか。
もしまだ迷っているのなら、思い切ってダブルベッドを選んでほしい。
大は小を兼ねる。昔からその考えは理にかなっているのだ。


多少部屋が狭くなってもいいじゃないか。
ベッドの上も十分な生活スペースなのだ。


本を読む、テレビを見る、ノートPCで仕事の続きなど、
ベッドの上を思い切り利用することで部屋の狭さは感じないはずだ。


7.僕が考える理想のベッド


最後に僕が考える理想のベッドを紹介しよう。
もちろんサイズはダブルベッドだ。


広々としているためストレスを感じない。
ぐっすり寝て次の日に疲れを持ち込まないという意味でも
広いベッドがいいだろう。


そしてデザインにも妥協しない。
このスタイリッシュなベッドはきっと部屋の雰囲気を
ワンランクアップさせてくれるはずだ。



まとめ


ベッドのサイズを選ぶ際のポイントを7つ紹介したがどうだっただろうか。


部屋に置けるのなら迷わずにダブルベッドを選んでほしい。
ダブルベッドを置くことで部屋が窮屈になるようならセミダブル。
結局はこの二択だろう。


間違っても部屋の格を下げるシングルベッドは
選ばないように気を付けて欲しい。


一人部屋に帰って優雅な時間を過ごすためにも、
女性とのひとときを楽しむためにも、ぜひ大きなベッドを選んでほしい。




もう一記事いかが?30代一人暮らしのベッド選びの記事はこちら


身長で選べ!ベッドの長さおすすめの選び方!

ベッドは身長の高さで選ぶのが無難!


部屋の開放感と収納で選べ!ベッドの高さおすすめの選び方

部屋との相性も比べてみよう。


最近の「すのこベッド」ってこんなにおしゃれなの!?一人暮らしおしゃれ男子の選び方!

おしゃれな男はすのこベッド!


ベッドのフレームで人生変わるって知ってた?おしゃれ男子はベッドフレームはこう選ぶ!

ここまで来たらフレームにもこだわってみよう!


総合ランキング
ベッドのランキング
寝具のランキング
ソファのランキング
こたつのランキング
テーブルのランキング
テレビ台のランキング
ダイニングのランキング
デスクのランキング
チェアのランキング
収納のランキング
キッチン収納のランキング
カーテンのランキング
ラグ・カーペットのランキング
家電のランキング
照明のランキング
ガーデン・アウトドアのランキング
ベビー&キッズ用品のランキング
ペット家具のランキング