商品名から探す

カテゴリーから探す

リンク

一人暮らしのインテリア・家具の通販ジパング.com

部屋を広く見せる!8畳ワンルームのコーディネートのテクニック

8畳のワンルームは6畳よりも2畳分広さに余裕がありますが、それでもおける家具の数や大きさが限られてきます。 使いやすさと広さを確保するためのコーディネートの仕方をいくつかご紹介します。

部屋を広く見せる基本テクニック

まず狭い部屋を広く見せるテクニックとしてよく使われるのが、手前に大きめの家具を置き、奥側に小さめの家具を配置するという方法です。奥に小さい家具を置くことで奥行きが出るため、6〜8畳の部屋でも広さが感じられます。8畳なら少し余裕があるので、大きめのソファと小さめのベッドという組み合わせもできます。ソファーベッドを選ぶのもひとつのコーディネート方法です。

角にモノを置かない
角にモノを置かない

次に紹介するテクニックは、角に物を置かないという方法です。これは大きめの家具を置く場合に使えるテクニックで、角に物を置いてしまうと狭く感じてしまうため、あえて角に物を置かないことで広さを確保します。

普段使わない物を部屋の角に置いてしまいたくなりますが、押入れやクローゼットに入れるなど、角に物を置かないテクニックを使ってみてはいかがでしょう。

背の低い家具で統一してしまう

ロータイプ(背の低いタイプ)の家具でまとめるというテクニックです。ロータイプの家具は圧迫感がないため部屋を広く見せることができますし、移動が容易なので模様替えもしやすいというメリットがあります。一人暮らし用の8畳ワンルームのコーディネートではかなり有効です。

ソファもロータイプのものがありますし、ベッドもロータイプで合わせればソファとベッドと置いてもかなり広く感じられます。 ダブルベッドでもロータイプなら圧迫感がないので、8畳のワンルームでも十分置けます。

ショート丈棚・コンセント付きフロアベッド Aliyah アリーヤ
オーク調リビング収納シリーズ【olja】オリア ローテーブル
3人掛けフロアコーナーソファ【Lycoris-リコリス-】フロアソファ
コンパクトな家具を選ぶ

kotu1.jpg

部屋を見せるテクニックとしてはスタンダードな、コンパクトな家具を選ぶという方法です。例えばノートパソコンをお持ちなら、パソコンデスクはサイズに合わせたコンパクトタイプを選ぶなど、できるだけコンパクトなタイプを選ぶことで部屋を広く見せられたり、家具の数を増やすことができます。

使わない機能や使わないスペースがある家具は避け、無理して大きめの家具を購入する必要はないので、6〜8畳のスペースが限られた部屋にはシンプルでコンパクトなデザインの家具が良いでしょう。

2WAY パソコンデスク

金額的にもシンプル&コンパクトな家具の方がリーズナブルなのでお財布にも優しいです。折りたためるテーブルやチェアなど、折りたたみ式の家具なども便利ですね。

色んなシーンや用途に対応できて、かつ、圧迫感がなくすっきりまとまったかっこいい部屋。
このコーディネートは学生や初めての一人暮らしの方にお勧めです。

「デスクは置きたいけど、狭い部屋で場所を取ってしまう...」

そんな方でも、コンパクトで「隙」の活かせるアイテムを選べば、
格好のデスクスペースとくつろぎスペースを両方を取ることができます。
またラグは、寝転ぶのか、直に座るのか、椅子などの足元に置くのか、など、
どんな用途・シーンで使うのかによって必要なサイズが変わってきます。

自分の部屋でどんな風に過ごすのか、沢山イメージしてコーディネートを楽しんでください。

総合ランキング
ベッドのランキング
寝具のランキング
ソファのランキング
こたつのランキング
テーブルのランキング
テレビ台のランキング
ダイニングのランキング
デスクのランキング
チェアのランキング
収納のランキング
キッチン収納のランキング
カーテンのランキング
ラグ・カーペットのランキング
家電のランキング
照明のランキング
ガーデン・アウトドアのランキング
ベビー&キッズ用品のランキング
ペット家具のランキング

ジャンル一覧