テーブルのジャンル

ローテーブル(低いテーブル)

高さ調節テーブル

サイドテーブル

特集を読む


テーブルとは

一人暮らしでもっとも良く使われるのは、ソファの前に置くローテーブルになります。 他に、ベッドやソファの側に置くサイドテーブル、食事をとる時に椅子に座って使用するのダイニングテーブルなどの種類があります。 ローテーブルやサイドテーブルは、本来コーヒーやお茶を置いておく簡易テーブルですが、一人暮らしでは食事を取ったり、作業をしたりと、生活の中心となる重要なアイテムとなります。
ダイニングテーブルより高いものはカウンターテーブルと呼ばれ、おしゃれなカウンターチェアと一緒に使われています。 勉強や作業を行うのはテーブルではなくデスクと呼ばれています。

テーブルの選び方

一人暮らしでは用途に合わせた複数のテーブルを置くスペースが取れないため、さまざまな使用場面を想定し使いやすいテーブルをお選びください。床に座ってローテーブルを使用する場合、高さは33~38㎝、ソファに座って使用する場合は40㎝前後が適切な高さとされています。 ローテーブルの高さからダイニングテーブルの高さまで一台で調節出来るものや、使わない時は脚をたたんで収納できるテーブルなどが人気です。 また、テーブルの上はものがあふれて散らかりやすいため、引出収納や見せる収納、マガジンラックなど、収納機能を兼ね備えたテーブルもおすすめです。