収納家具とは

洋服や本、食器など、生活用品や雑貨類を整理収納する家具を総称して収納家具と呼びます。 クローゼットやキャビネット、たんすなどが代表的です。
雑多なものを収納することでお部屋をスッキリと見せることが出来ます。 コレクションを展示できるタイプの収納家具もあり、一人暮らしのお部屋では「見せる収納」として利用すると、おしゃれな部屋作りのスパイスになります。

収納家具の選び方

収納家具は、物が入れば入るほど良いのですが、収納力は家具の見た目のボリュームや圧迫感に比例します。 スペースの限られた一人暮らしのお部屋では、収納力だけでなく、お部屋の邪魔にならないデザイン性も含めてご検討下さい。 収納家具にはいくつかの種類がありますが、大きくは隠す収納と見せる収納に分かれます。
隠す収納は、主に生活雑貨の収納が目的の方におすすめです。引出しや扉の厚みの分、収納力がやや下がり、家具のボリュームも大きくなりますので、壁と同系色で余計な飾りのないシンプルなデザインのものを選ぶ方がお部屋を広く見せることが出来ます。
見せる収納は、趣味のコレクショングッズが多くなってきた方にぴったりです。扉のないオープンシェルフが代表的な見せる収納家具ですが、日常使うものを取り出しやすいというメリットもあります。コレクションを清潔な状態に保ちたい方はガラス扉のキャビネットをお選び下さい。