デスクライト

照明とは

住まいの照明は、大きくは直接照明と間接照明に分けられます。 直接照明とは、ものに直接光を当てる照明のことで、天井に付けるシーリングライト(天井照明)や、手元を照らすデスクライトがこれに当たります。実用面が重視される照明です。 間接照明は、壁や天井に向けて光をあて、空間に陰影をつける照明です。スタンドライトやフロアライトは主に間接照明に分類されます。
一人暮らしワンルームのお部屋も、照明の使い方でインテリアの雰囲気ががらりと変わります。1つの部屋に複数の照明を設置し、空間のメリハリを自由に演出できるようになれば、インテリア上級者になります。

間接照明の選び方

直接照明を選ぶ場合は、必要な明るさを確保できるかを目安にしましょう。とくに作業用のデスクライトは、明るすぎても暗すぎても目の疲れに繋がるので注意が必要です。 照明には色温度という概念があり、色温度が低いと黄みがかった色、高いと青白い色になります。作業用の照明は色温度の高いものが適していますが、リラックスしたい時には色温度の低い照明がおすすめです。
一人暮らしのお部屋で照明を使った演出をする場合も、温かみのある黄色い色がお部屋を素敵に見せてくれます。フロアライトやスタンドライトなど、間接照明として使われる照明はほぼ色温度の低い電球をお選び下さい。