ダイニングインテリアとは

家族が食事をして団欒をはかれる唯一の場所がダイニングです。海外では朝食、昼食をする場所をブレックファーストコーナーとよんだり、ヌークとよんだりします。
国内において、食事コーナーはすべてダイニングとよんでいます。外来文化が伝わったためか、生活の変化と並行して居間、台所、食堂の機能が統一されLDKとなりました。ここ数年、ダイニングテーブルのニーズに変化が見られます。今までは食事メインだったテーブルが子供の宿題、ゲーム、語らいの場所として人気です。
ダイニングには必需家具ともいえます。ダイニングテーブル中心に、サイドテーブルやソファー、テレビボードを揃える楽しみが増えました。これらの家具は機能性の向上、材質のこだわりなどが繁栄されて、末長く使用できるものとなりました。耐久性重視の家具がニーズを高めています。

1人暮らしの方にもおすすめ。ダイニングインテリアの選び方

ダイニングの要ともいっても良いくらい存在感のある家具「ダイニングセット」家族構成やインテリアとの調和を考えるのが良いです。テーブルの大きさは何段階かあり、子供の成長や部屋の広さに応じてセレクトします。最近ダイニングセットは角のない安全なタイプ、変型などがあり、セットの椅子も座面のデザインや座り心地に工夫が凝らされています。アレルギー体質の家族を考えた無垢材などの天然木にも注目です。
単身者用のオシャレなダイニングセットもあるため、家族がいなくてもダイニングテーブルを楽しめます。ダイニングテーブルセット選びが日本のリビングダイニングキッチンを華やかに彩ります。また、リビングのサブテーブルとして活躍するローテーブルもコンパクトながら一人暮らしにはとても便利です。
部屋の広さが限られているためローテーブルがパソコンの作業台となったり食事の場所となったりもします。また、テレビ台などのカラーや材質を合わせたり、北欧調のデザインでコーディネートしたり様々なセンスの幅も広がっています。ダイニング家具は一生ものとして選ぶ人も少なくないです。