カーテンとは

カーテンは防音、遮光、仕切りなどを使用目的とされる波状の布製品です。厚手のカーテンのことを「ドレープカーテン」それよりも薄くドレープカーテンの中に取り付けるものを「レースカーテン」とよびます。ちなみにレースカーテンは半透明ですが、それよりも少し厚めのタイプを「ケースメント」とよびます。カーテンは通常使用しない時は両側に束ねておきます。
窓の両側に1枚ずつ取り付けて真ん中で留めるパターンが多いです。窓の位置によっては片側だけに束ねる方法もあります。最近の住宅は窓の形態が様々なため、両側カーテンだけではなさそうです。カーテンの役割は遮光や防音だけでなく保温効果も期待できます。カーテンをとりつけることで外気を遮断し、室内を温かくします。
また、カーテンの代わりにブラインドを使用する家も増えました。カーテンよりもスッキリし、日差しを気分でコントロールできます。羽を回転させることで窓からの遮光をコントロールします。つながるコードをひっぱる「コード式」羽根の回転を棒で調節できる「マルチポール式」などがあります。手の届かない窓には「電動式」もあります。

カーテンの選び方

カーテンの存在で部屋の雰囲気がかなり違ってきます。基本的に置いてある家具や壁、床のカラーに合わせると統一感がありシックリします。例えば無難なカラーや無地では存在感のないものになりますが、ヒダを多くするとボリュームが出ます。逆に大胆な柄物はヒダをフラットにしてあげると自然に馴染みます。
カーテンにも防音、遮光、保温などがありどこに要点を置くかでカーテンの選び方も変わります。また、家の洗濯機で洗えるウォッシャブルタイプも便利です。小さなお子様が汚してしまった時にササッと洗えます。どうしても目隠しの意味で使用したい場合はドレープカーテンのかわりにレースカーテンを二枚つけてみるなどの選び方も良いです。
最近は和室、洋室にもマッチした木製ブラインドなどが人気で思考を変えてブラインドにするのも良いです。